Sign Language Studies 14



注意

「手話学」の研究掲載ページにはPDFが埋め込まれている場合があります。
そのためパソコンでの閲覧を推奨しております。
スマートフォンやタブレットなど解像度の低いデバイスでご覧いただいた際には、PDFファイルが正しく表示されなかったり、ダウンロードができない場合もありますので、予めご了承ください。

書名
Sign Language Studies 14
概要
手話と生物学の関係のみならず、視野を広げて、性教育や性用語の通訳についても言及するWoodwardの論文が載っている。1977年当時、すでにgayやlesbianなどによる分類があり、差別について厳しい論評をする彼の視点がわかる。現在話題のLGBTは昔から米国では差別の対象であった。ただこの時点ではTやQ、Aについては意識になかったようである。当時はGが優先、Lがそれに続く感じで、それがfeminismが盛んになった頃からLGと順が変わったようである。


この書庫の図書はほぼ全部が既に出版済の図書です。
比較的入手が困難なものを選んでいますが、一部古書として購入できるものもあります。
著作権法の問題がありますので、基本的に 閲覧のみ ですが、ダウンロードして読む場合は転載しないようにお願いします。
引用の際も原著と引用個所を明確に示すようにしてください。
利用者のマナーを尊重して公開していますので、ご利用に際しては十分なご注意をお願いします。

★ 会員限定の資料です ★

続きをご覧いただくには
会員登録ログインが必要です。

下のカテゴリーを参照して下さい。
「無料会員向け」の表記:無料会員登録が必要です
「有料会員向け」の表記:有料会員登録が必要です

ログイン後も会員限定資料が表示されない時は、
ページの再読み込みをして下さい

コメントを残す