ここでは最新の投稿のみを一覧表示しています。
その他の投稿も検索をすることができます。
「分野」と「内容」を選択して「検索」をクリックして下さい。

  • 「分野」

  • 「内容」

コラム Articles
エッセイと随筆新着!!

2月28日はエッセイストの元祖とされるフランスの哲学者ミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の誕生日です。モンテーニュは『随想録(エセー:Essais)』の中で現実の人間を洞察し人間の生き方・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
認知と認識新着!!

認知と認識はニュアンスが似ているせいか、世間だけでなく学問の世界でも混同がよく見られます。まず本来の意味tioですが、認知とは、あるものごとを、そうであるとはっきり認めることを言います。また今まで知ら・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
軍事クーデター新着!!

昭和11年(1936)2月26日に二・二六事件が起こりました。にいにいろく事件として歴史の時間に習いますし、今もこの日に話題となります。詳細はいろいろな書籍やインターネットサイトをご覧いただくとして、・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
付和雷同新着!!

マスクの着用について、同調圧力という表現がしばしば使われました。この表現には従わざるをえない、という強い力がありますが、実際はそれほど強い状況ではなく、周囲の雰囲気に合わせて着用している人が多いのだと・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
ストライキ新着!!

1898年(明治31年)2月24日、日本初の鉄道ストライキが実施されたそうです。 「日本鉄道会社の機関士ら400人がストライキに突入し、東北本線の上野駅~青森駅の列車が運休した。1894年(明治27年・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
天皇誕生日新着!!

天皇陛下お誕生日おめでとうございます。 お誕生日は誰にとってもおめでたい日です。まずは素直に国民としてお祝いするのが正しいことだと思います。 天皇をどう考えるかは人により違うことは当たり前のことです。・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
学問分野の分類と国民教育新着!!

政治と経済が分離できる、と信じている人はもしかすると学問分野の細分化の影響かもしれません。たとえば東京大学では政治学は法学部、経済学は経済学部と分かれています。慶応大学も同じ分類です。早稲田大学は政治・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
経済と政治新着!!

先日テレビを見ていたら、最近のサプライチェーンの危機に際して、企業の経営者が経済と政治は別にしてほしい、というような話をしていました。もう対応策がないとうことのようなので、この経営者は退陣するのがよい・・・

カテゴリー
コラム Articles
手話学 Sign Linguistics
手話のダイグロシア新着!!

論文題目 手話のダイグロシア 著者 神田和幸 日本手話といわゆる日本語対応手話などの変種について、1984年時点での社会言語現象について分析し、ダイグロシア(言語兼用)の状態にあることを指摘した。

カテゴリー
手話学 Sign Linguistics
コラム Articles
旧暦如月朔日

新暦2月20日は旧暦の2月1日、如月朔日です。新月で大潮です。キサラギは字の感じがよいせいか、意味のせいか、ペンネームなどによく使われます。語源は例によって諸説あり、厳しい寒さに備え重ね着をする季節を・・・

カテゴリー
コラム Articles
手話学 Sign Linguistics
日本手話の音韻表記法

論文題名 日本手話の音韻表記法 著者 神田・中 日本手話の表記法についてはいろいろな方法が提案されてきた。神田(1988)はそれまでの手話表記法をまとめ、本論において比較的簡易な表記法を提案した。表記・・・

カテゴリー
手話学 Sign Linguistics
コラム Articles
雨水

2月19日は二十四節気の雨水(うすい)です。天文学的には2月18日22:34の一瞬だそうですが、暦の上では2月19日なります。二十四節気は旧暦の行事ですが、太陽太陰暦なので、二十四節気は太陽の運行で決・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
冥王星の謎

1930年2月18日アメリカの天文学者クライド・トンボーは冥王星を発見しました。2006年までは太陽系第9惑星とされていたので、多くの人は今でもそう思っています。しかし冥王星はほかの8つの惑星と性質が・・・

カテゴリー
コラム Articles
手話学 Sign Linguistics
日本の聾者人口の推計

論文題名 日本の聾者人口の推計 著者 神田・木村・原 日本手話がろう者の言語であることに異論を唱える人はいない。一方で、ろう者の定義もあいまい、ろう者人口の数値も曖昧のままである。ろう者とろう社会、日・・・

カテゴリー
手話学 Sign Linguistics
コラム Articles
書籍の歴史

昨今は電子書籍が普及し、これは革命の前兆であろうと思っています。実際はすでにSNSが社会運動を起こしており、歴史的に見ると新たな時代に入ったのでしょう。 大昔、情報は口伝のみでした。文字の発明により、・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
縁故主義とネポティズム

Nepotismは縁故主義と訳されることが多いのですが、英語のニュアンスと少し違うように思っています。身内贔屓(ひいき)と訳した方がいいのではないでしょうか。日本の政治は世襲政治家が多く、これも欧米か・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
涅槃会と西行忌

本来は旧暦の2月15日が涅槃会であり、西行忌なのですが、今では新暦に移して行事を行うところが増えてきたので、本日のコラムにします。個人的にはこうした旧暦の行事をそのまま新暦に移すことには抵抗があります・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
バレンタイン・デー

日本のバレンタイン・デーはチョコレートの日になってしまいました。それも高級化が進んで、結果的に義理チョコが消滅、自分チョコになっていきました。男性はホッとした半面、寂しい思いをしているのかもしれません・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
Family name

明治8年(1875)2月13日、「平民も必ず姓を称し、不詳のものは新たにつけるように」と苗字を名乗ることを義務づける「平民苗字必称義務令」という太政官布告が出されたのを記念して、この日が苗字制定記念日・・・

カテゴリー
コラム Articles
コラム Articles
ダーウインの日

2月12日はDarwin Dayです。ダーウインは進化説で有名ですが、その内容を説明できる人は案外少ないです。「人間はサルから進化した」程度の認識の人が多いと思います。そもそもダーウインは地質学者であ・・・

カテゴリー
コラム Articles